• 【お知らせ】新規会員登録をすると500ポイントをプレゼント。
  • 商品レビューを書いていただいた方に300ポイントをプレゼントいたします!まだ会員でない方はまずは会員登録を!
実演申込みフォーム 注文用紙ダウンロード 見積書依頼フォーム

◆タイルカーペットの清掃に適した掃除機は?


近年、タイルカーペットがオフィス、ショッピングモール、公共施設などに急速に普及しました。
タイルカーペットとは50センチ角の張替えがきくカーペット。
一枚もののカーペットに比べ施工が容易で、一部分だけ張り替えることもでき、二重床になっているOAフロアにも対応しやすい。そのため近年のオフィスは殆どがタイルカーペットとなっています。
タイルカーペットは少しぐらい掃除機掛けをサボっても汚れが目立ちません。
だからこそ正しい日常管理を行わないと、専門業者が洗浄をしてもキレイにならず、張り替えるしかないということになりかねません。


タイルカーペットの構造 

タイルカーペットはPVC(ポリ塩化ビニル)という素材にループ状の3mm-5mmのナイロン繊維(パイルといいます)が埋め込まれています。

靴底から持ち込まれた土砂は、パイルの中(ダストポケット)に入っていきます。ダストポケットは土砂を貯め込むポケットのようなものでここが満杯になるまでは汚れは目立ちません。ダストポケットが満杯になり、これ以上土砂を貯めこめない状態になってはじめて汚れが外に出てきて目に見えるようになります。
つまり汚れが目立つようになったら、ダストポケットにもうかなりの土砂が入ってしまっているということです。このダストポケットの中に入り込んだ土砂をキレイに取ってあげないと、いくら専用の機械で洗ってもキレイにはなりません。

タイルカーペットの日常清掃 

タイルカーペットの管理で最も大事なこと。それはダストポケットに入り込んだ土砂を毎日バキュームで回収し、ダストポケットが満杯にならないようにするということです。ダストポケットがいっぱいになると、土砂による汚れが広がっていきます。
はじめは玄関付近やエレベーターの出入り口付近など、多くの人間が歩くエリアが黒くなっていきます。この汚れが次第に拡散していきます。このような汚れを歩行ラインとかケモノミチと言っています。

歩行ラインやケモノミチができないようにするには、最も汚れやすい重汚染度エリアを重点的にバキュームがけやシミ取りをすることです。そうしておくと汚れは先に広がっていくことはありません。

パイルの奥に入り込んだ土砂を効果的に回収するには、回転ブラシでカーペットの中に入り込んだ土砂を掻きだして吸い上げること。

実演申し込みボタンタイルカーペット専用のアップライト型掃除機は、ヘッドの先端に高速回転ブラシがついていて、その作用でダストポケットの中に入りこんだゴミ、土砂を強力に回収・吸引することができます。





表示切替: 並び順:
7件中1件~7件を表示

商品一覧

7件中1件~7件を表示

商品を探す

アクアピル プール用薬剤 プール用便利グッズ 入浴施設用薬剤 残留塩素測定用DPD試薬 清掃機用バッテリー カーペット用清掃マシン 業務用バキューム スイーパー 自動床洗浄機 高圧洗浄機 スチーム洗浄機 カーシート洗浄機 カーペットリンサー ポリッシャー 業務用洗剤 消耗品

楽天ペイ

休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 夏季・年末年始休暇

QR

ページトップへ